銅線とファイバの各伝送メディア向けに、業界で最も小型、最小の消費電力や、

業界最高の温度定格を提供するイーサネットPHYを含むトランシーバ製品

 
2019年2月21日 (水)

SCJ-19-001

日本テキサス・インスツルメンツは、本日、実装面積に制約を持つアプリケーションや、TSN(伝送速度重視)のアプリケーション向けに、より多くのコネクティビティの選択肢を提供する、新型のイーサネットPHY(物理層)製品 2品種を発表しました。新製品の『DP83825I』低消費電力10/100 MbpsイーサネットPHYは、競合デバイスよりも44パーセント小型のパッケージ・サイズと、150mの伝送ケーブル長を提供します。また、『DP83869HM』は、銅線メディアとファイバ・メディアの両方をサポートするほか、最大125℃の高温での動作を提供する業界唯一のギガビット・イーサネットPHY製品であることから、過酷な動作環境において、ギガビット・イーサネットのコネクティビティの高い伝送速度と信頼性を活用できます。製品の詳細に関しては、『DP83825I』『DP83869HM』をご覧ください。

 

これらのデバイスは、TIの包括的なイーサネットPHY トランシーバ製品 ポートフォリオに追加され、多様な困難な設計へのコネクティビティの実装に役立ちます。『DP83825I』は、小型パッケージ、低消費電力やケーブルでの長距離伝送能力によって、小型のIPネットワーク・カメラ、照明、電子POSその他の実装面積に制約を持つアプリケーションで、ネットワークの伝送距離を保ちながらサイズとコストの削減を可能にします。高い動作温度、ESD(静電気放電)への耐性やメディア変換のサポートを提供する『DP83869HM』は、ファクトリ・オートメーション、モーター・ドライブやグリッド・インフラストラクチャ向け機器の性能や設計の柔軟性の向上に役立ちます。

 

システムのサイズやコストの削減のほか、ネットワークの伝送距離を延長するDP83825I

・  業界で最も小型のイーサネットPHY:『DP83825I』は、3mm×3mm の24ピンQFNパッケージと長距離のケーブル伝送能力によってネットワークの展開範囲を拡大しながら、システムの小型化が可能。長距離の伝送能力によって、イーサネット・リピータが不要になり、運用コストをさらに削減

・  業界で最も低消費電力のPHY: 『DP83825I』の消費電力は125mW以下であることから、イーサネット・コネクティビティによって発生する熱負荷と消費電力を軽減し、電力をシステム内のその他の重要な構成部品に割り当て可能。また、energy-efficient Ethernet、wake-on-LANやメディア・アクセス・コントローラの分離などのパワーセービング機能も内蔵

 

TSNアプリケーションのイーサネット性能を最適化するDP83869HM

・  業界で最も広い動作温度範囲と高いESD耐性: 『DP83869HM』は、ギガビット・ファイバ動作向けの-40℃~ 125℃の動作温度範囲と、IEC 61000-4-2標準規格の8kVを超える堅牢なESD耐性を提供、高い周囲温度や、工場フロアのような静電気に曝されがちな過酷な産業環境でイーサネット・システムの信頼性を向上

・  設計の柔軟性: 『DP83869HM』は、1000Base-Xと100Base-FXの各イーサネット・プロトコルや、銅線とファイバの両イーサネット標準規格間の変換をサポート、長距離ネットワークのさらなる拡張が可能。また、このデバイスは1000Base-Tと100Base-TXの各標準規格向けに、トータルで390ns以下の低レイテンシによるTSNのサポートも提供

 

製品設計の迅速化に役立つ評価ツールとサポート

TIでは、『DP83825I』『DP83869HM』を使った製品設計の迅速な開始に役立つ評価モジュールを供給中です。 

 

パッケージ、供給と価格について

現在、『DP83825I』 の量産開始前サンプルは3mm×3mm の24ピンQFNパッケージで、TI store から供給中です。1,000個受注時の単価(参考価格)は0.71ドルから設定されています。

 

量産数量の『DP83869HM』 は7mm×7mm の48ピンVQFNパッケージで、TI store と販売特約店から供給中です。1,000個受注時の単価(参考価格)は7.13ドルから設定されています。

 

さらに高速、遠距離のネットワーク構築をサポート

『DP83825I』と『DP83869HM』は産業用、オートモーティブや汎用などのアプリケーション向けの、TIの高精度、低レイテンシのイーサネットPHY製品ポートフォリオを拡張する新製品です。TI製品によるネットワーク性能の向上についてはTIのイーサネットPHY製品 をご覧ください。

 

TIの新型イーサネットPHY デバイスに関する情報

·          『DP83825I』『DP83869HM』 のデータシートをダウンロード

·         アプリケーション・ノート(英語)で、イーサネットPHYの設計について参照:

o    『DP83869HM』の動作モードとブリッジ・モードの解説

o    ファクトリ・オートメーションでのレイテンシ特性の重要性

·         簡潔な技術資料(英語)でイーサネットPHYの説明を参照:

o    低い消費電力で大きな利点を提供するビルディング・オートメーション向け低消費電力イーサネットPHY製品

o    産業用アプリケーションでの光ファイバ使用

·         TI E2E™ サポート・フォーラム でTIのエキスパートの回答を検索

 

※すべての登録商標および商標はそれぞれの所有者に帰属します。

この項目を表示するには、ログインする必要があります。

このエリアは、ニュース・メディアのメンバー向けのものです。メディア認定が完了している場合、ご自身のユーザー・プロファイルを更新し、「ニュース・メディアの認定済みメンバーとして登録するにはこちらをオンにしてください」ボックスをオンにしてください。備考は「メディア認定ご申請時の関連情報」ボックスに入力してください。通常 1 営業日以内に、お客様のステータスを E メールでお知らせします。